忍者アニメ

Pocket

忍者アニメ

  1. バジリスク甲賀忍法帖~】
  2. NARUTOナルト-】
  3. サスケ
  4. 忍風カムイ外伝
  5. 風魔の小次郎

バジリスク甲賀忍法帖~】

山田風太郎の小説【甲賀忍法帖】を原作に、せがわまさきがコミカライズした作品をアニメ化。

徳川の世となり、異能の力を持つ忍たちを恐れた徳川の陰謀によって、伊賀と甲賀は10対10の戦いを強いられてしまう。

その中には里のわだかまりを捨て、愛し合う甲賀弦之介と、朧の名前もあり、ふたりは逃れ得ぬ運命に翻弄されていく。

パチスロにもなってことでかなりの人気が出た作品ですが、漫画連載当時から、色物さ加減や、昨今のようなガリガリ体型よりもポッチャリ系の方が艶っぽいと思わされたことでも話題になってました。

とはいえ、そういう部分抜きでも十分に正統派忍者バトルとして、アニメではトップレベルの作品です。

バジリスク甲賀忍法帖~】
公式サイト
バジリスク ~甲賀忍法帖~【完全予約限定生産】 [Blu-ray]
バジリスク ~甲賀忍法帖~ DVD-BOX 【完全予約限定生産】
Basilisk: The Complete Series (バジリスク ~甲賀忍法帖~ 北米版) [Blu-ray]

NARUTOナルト-】

体内に『九尾』を封印されたナルトが、周囲に疎まれながらも里の長である『火影』を目指していく中、様々な仲間や敵と出会い、成長していく姿を描いています。

原作が少年漫画ということもあり、忍術でのバトルだけでなく、体術や、特殊能力のバリエーションも豊かで面白い。

意外と20代の女性にも人気があります。

NARUTOナルト-】
公式サイト
ROAD TO NINJA -NARUTO THE MOVIE-(完全生産限定版) [Blu-ray]

サスケ

白土三平の同名漫画をアニメ化。

甲賀流の少年忍者であるサスケが、徳川が仕向けた刺客と戦いながら、成長していく姿を描いています。名前からお察しの通り、猿飛サスケです。

忍術について白土なりの科学的解説が行われていることも特徴で、子供にもわかりやすい解説となっているのですが、ストーリーは子供向けではありません。

子供向けの絵柄で、子供向けの解説に油断していると、当時には珍しく登場人物があっさり殺されたりしてしまいます。

メディアも値段がかなり大人向けの値段になってしまっているので、なかなか全編を観ることが出来ないため、確認出来ないのですが、かなり報われないエピソードが散見されたように思います。

サスケ
サスケ Complete BOX 上 [DVD]
サスケ Complete BOX 下 [DVD]

忍風カムイ外伝

サスケ】同様、白土三平の漫画が原作のアニメ。

抜け忍となったカムイが『変移抜刀霞斬り(へんいばっとうかすみぎり)』や『飯綱落し(いづなおとし)』といった必殺忍法や、自己暗示等の技を駆使しつつ、執拗に迫る追っ手と戦いながら旅を続けていくというストーリー。

ネタ的にいまでは放送出来ない単語が少なくないため、再放送は期待出来ないでしょう。運が良ければ注釈つきでBSやCSならあり得るかもしれませんが。

実写映画はまだ良いですが、原作漫画やアニメ版を見ている限りでは、映画やアニメ、ゲームではかっこよく描かれてるけど、忍者って救われないなあって思わされます。

忍風カムイ外伝
忍風 カムイ外伝 Blu-ray Complete BOX<6枚組>

風魔の小次郎

【リングにかけろ】や【聖闘士星矢】の車田正美の同名漫画をアニメ化。

名前的には忍者モノっぽいですが、蓋を閉じたら何のアニメかわからないという作品。

原作自体が3部構成で、1部目は風魔一族対夜叉一族はなんとなく忍者バトルをしているんですが、第2部は10本の聖剣をキーアイテムにした超能力バトル。

第3部はふと忍者バトルだということを思い出したのか、忍者バトルを再開したかと思いきや、マインドコントロール合戦。

これでも忍者アニメと認識出来るということが、かえって凄いような気がします。

アニメ版では、原作で『黒塗り』のまま、セリフもなく死んだ『不知火』の顔が判明するという楽しみが。

風魔の小次郎