今週(4月第2週)公開予定のアクション映画

Pocket

ゴースト・イン・ザ・シェル

士郎正宗の人気コミック【攻殻機動隊 THE GHOST IN THE SHELL】を実写映画化。

アニメは成功しているので、映像化自体は安定した作品になっていると思います。

ただ、アメリカ特有の登場人物の白人化、派手なアクション化が目立つため、原作コミック、アニメファンだと違和感が強いかも。

特に主人公でアジア系の草薙素子を白人のスカーレット・ヨハンソンが演じたのは物議をかもしてました。

個人的には制作国に合わせて、役者がその人種に変わるのはしょうがないと思います。

実際、日本でもよくありますし。

CGで描かれた少佐のボディがポッチャリしてるのは気になりますが。

派手なアクション化は好みですかね。かなり思考的な印象はなくなっているようなので、やや別物と思った方がいいかもしれません。

ゴースト・イン・ザ・シェル
ゴーストインザシェル
公式サイト
2017年4月7日公開予定
バーフバリ 伝説誕生
バーフバリ デンセツタンジョウ
公式サイト
2017年4月8日公開予定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です